ヤマボウシ

ミズキ科の落葉樹(常緑のものもあります)

花は5~6月頃、9~10月頃には実を付け落葉します。

ハナミズキと似ていますが、花びらの先がとがっているのが特徴

(ハナミズキの花弁は丸いです。)

上を向いて咲く花はある程度大きくならないと咲かないので

2階以上からでないと正面からは見えません。

日当たりのよい場所、水はけのよい土を好みますが、

半日陰くらいなら問題なく育ちます。

樹形が乱れにくいので剪定はほとんど必要なく自然樹形で育てられます。

a0272929_22272197.jpg

[PR]
by yagi-blog | 2012-07-11 22:30 | 庭note
<< 日陰で常緑といえば? たまに思い出すこと >>